メニュー

マタニティコラム

マタニティパジャマはどんなタイプを選んだらいい?
~マタニティパジャマを着るメリットなどについて~

妊娠中・授乳中に、マタニティパジャマを買うかどうか迷う人も少なくないようです。そこで、マタニティパジャマを着るメリットや、マタニティライフを快適にしてくれるパジャマのタイプなどについて、ご紹介します。

●そもそもマタニティパジャマって、本当に必要?

妊娠期間は10カ月しかないので、プレママの中には「大きめのパジャマやワンピースパジャマを着ていれば、特にマタニティパジャマは必要ないのでは?」と思っている人もいます。中には、ご主人のパジャマを借りたり、Tシャツやジャージなどを着ている人もいます。

実際のところ、マタニティパジャマって本当に必要なのでしょうか?これはどこまで妊娠中の快適さを求めるかにもよりますが、ゆったりと充実したマタニティライフを送りたいなら、着心地が良く機能的なマタニティパジャマは、やはり用意しておくことをおすすめします。

●マタニティパジャマを着ると、どんなメリットがあるの?

マタニティパジャマは、プレママの体型の変化を十分に考えて作られているパジャマなので、就寝中に横を向いたり動いたりしたときも、「あ、ちょっと布が引きつる」「何だかゴムが気になる」というような違和感がありません。お腹の大きさに合わせて、ゴムのサイズを調節することもできます。

家にいるときだけでなく、出産で入院したときもドクターの診察をスムーズに受けられたり、看護師さんの手当てがしやすかったりと、いろいろな点で便利です。何より妊娠中の体型を考えたお洒落なデザインになっているので、お見舞いの人が来ても安心して対応できます。

また授乳口も付いているので、出産後はわざわざ胸を出さなくても、自然に授乳をすることができます。冬場に寒くないのも、とても大きなメリットですね。

●マタニティライフを快適にしてくれるパジャマには、どんなタイプがある?

マタニティパジャマにはいくつかのタイプがありますが、おすすめなのはお腹の膨らみがきれいに見える、ロング丈のパジャマです。ロング丈なら、入院中の診察のときもズボンなしで着られるので、とても便利です。

そして、出産後は搾乳やバストのケアも行うので、授乳口が付いている前開きのパジャマがベストです。さらにポケットが付いていると、スマホやナプキンなどが入れられるので、何かと重宝します。袖口は、季節によって半袖・七分袖・長袖などさまざまありますが、診察や採血・赤ちゃんの沐浴のときなどを考えて、袖口がゆったりしたタイプがおすすめです。

素材としては、冬場なら裏起毛やフリース、夏場ならガーゼや綿・パイル生地・サッカー生地など、通気性・吸汗性の優れた素材を選びましょう。

ページ先頭に戻る