メニュー

子育てを学ぼう 赤ちゃんをお風呂に入れてみよう!

案外わからないことが多い「赤ちゃんの入浴法」。そこで、少しでも新米ママ・パパのお役に立てればと、赤ちゃんを上手にお風呂に入れる方法を紹介します 上林文子先生(助産師)

  • パパ・ママふたりで
  • ママひとりで

まずは大まか流れをチェック

赤ちゃんをひとりで洗わなくてはならない時や、部屋とバスルームに分ける洗い方ができない場合の洗い方もご紹介。洗う際のポイントなどは同じなので、ふたりでお風呂に入れる時と異なる点、新たなポイントだけを簡単にまとめています。

  • 入浴グッズを用意 部屋
  • お湯で体を流す 浴室
  • 湯船につかる 浴室
  • 体を洗う 浴室
  • 泡を洗い流す 浴室
  • スキンシップする 浴室
  • 体を拭く 部屋
  • 水分補給 部屋

入浴グッズを用意

入浴グッズを用意

赤ちゃんを洗う時に特別な道具は必要ありません。赤ちゃんがお風呂からあがった時に必要なものを先に準備しておきます。座布団にはバスタオルを敷いておきます。

・座布団1枚・バスタオル1枚・オムツ
・肌着 …など。

お湯で体を流す

お湯で体を流す

赤ちゃんをバスルームで洗います。お風呂のお湯の温度は、大人が感じるよりぬるめにしておいてください。まずは、やさしくさっとお湯をかけてあげましょう。
万が一、赤ちゃんを落としてしまっても大丈夫なように、バスルームの床にはマットを敷き、そのまま座って洗うことをお勧めします。

湯船につかる

湯船につかる

湯船で少し温めてあげましょう。
(冬は特に)

体を洗う

体を洗う

洗い方は、基本的にふたりのときと同じです。顔・頭から洗っていきます。
両手が使えず不便な点もありますが、バスルームなので赤ちゃんをゆっくり洗えます。

体の後ろを洗う

体の後ろを洗う

赤ちゃんと向かい合う姿勢をとり、赤ちゃんの首のうしろをママの手でしっかり支えた状態で体の後ろを洗っていきます。

おしりを洗う

おしりを洗う

わきの下から手を入れ、図のように赤ちゃんを抱えれば体のおしりの部分や足の部分もしっかり洗えます。

泡を洗い流す

泡を洗い流す

洗い流す時はそのままお湯をかけてあげます。
頭の後ろからお湯をかけましょう。

スキンシップする

スキンシップする

再び湯船に浸かり、さっと入って温まります。
今度はママと赤ちゃんのスキンシップの時間ですね。

体を拭く

体を拭く

お風呂から出たらすぐに、準備しておいたバスタオルで赤ちゃんをくるんであげます。ママも自分の体を拭かなければいけませんので、さっと羽織るだけでいいバスローブなどがあると便利です。

水分補給

体を拭く

最後に、赤ちゃんに水分を補給しましょう。 授乳中は母乳でかまいません。

ページ先頭に戻る
  • パパ・ママふたりで
  • ママひとりで